Sound=Cinema#004「THE BAND/THE LASTWALTZ」無事終了しました。
仕事を離れて趣味でやろうと昔からあたため続けた音楽映画の企画は、いっしょに楽しんでもらえる素敵な仲間のおかげで立ち上がり、ちょっとずつ回を重ねております。

今回は須崎市立市民文化会館時代に僕の道筋を決めてくれた、恩人であり大事な友達のオノヤマさんからの「LASTWALTZがリマスターされるで!」という情報に、「僕の大好きな」という接頭辞がつく音響スタッフ、山崎さんが「THE BAND!!」と目の色を変えたのを見て、「よし!やろう!」と即決した上映会でした。
久川さんもノリノリでJBLのスピーカーを用意してくれて、田辺さんは小ホールで初めてDCP映写機を持ち込んでくれ、設営や受付はいつもの愛すべき仲間達が駆けつけ、受付周りもビール片手に交代して映画を楽しむ最高の現場となりました。

過去3作は90年代のロックでしたが、今回は60〜70年代の、ロックレジェンドたちによる演奏でした。
自分の同世代でこの時代の音楽を聴く人は少なく、手売り的にはそれほど伸びなかったのですが、結局全体の動員的には過去の上映会に遜色のないお客さんに来ていただき、皆さんそれぞれに楽しんでいただけました。

これまでのSound=Cinemaに皆勤賞で来られるご年配のお客さまがいるのですが、毎回上映途中の割と早めに席を立たれていて「やかましかったのかな?」「面白くなかったかな?」と心配になってたのですが(それでも毎回来る不思議)、そのお客さまは今回ついに最後まで楽しんでもらえて、なんだかホッとした次第です。

大ホールで行われた「チルドレン」の帰りに捕まえた山本さんに「一瞬、二十歳の若者に還ってたヨ」と感想をいただいたその言葉通り、当時若者だった方が本当に嬉しそうにニコニコしながら出てこられるのを見て「あー、よかったなー」と主催者冥利に尽きる会心の上映会でした。

ニールヤング、よかったなー。舞台袖でコーラスを取るジョニミッチェルもかっちょよかったなー。
しばらくはTHE BANDをヘビロテして余韻に浸ろうっと(と言いながら家にいる時間がほぼないウイークリー)(それは蛸蔵ラボウイークだから)。

さー、Sound=Cinemaの次回は12月8日(土)にブエナビスタの続編でございます!
あの大人気コンサートシリーズ(手前味噌)、ワールドミュージックナイトとのコラボ上映会(手前味噌)!!
週明けにプレイガイドにチケット納品して告知開始します!こちらもお楽しみに!!!